堀内見聞録

見て、聞いて、咀嚼

DAVID BOWIE IS

david bowie is に行ってきた。

 

こんなにクリエイティブに生きてきて

人々を湧かせてきた人がいたのか、と。

そして当時のその瞬間に触れれなかったことがとても寂しく

そしてもう過ぎてしまったことであることにも切なさを覚えた。

 

 

ただ、今回の行かなくては、という衝動に関しては、奇妙なもので。

何しに行ったんだろう、私は。

結果david bowieという人をより知ることができた。

感銘を受けた。

ただ、それは何になるんだろう

ということばかり考えてしまうのだ。

 

よくわからない。

ただ、行かないよりは、行ってすごく良かった。と思う。

 

 

2月にしては暑い中、友達の家で寝て風呂も入らず朝出て

bowieの写真を見るために汗だくになって歩いた。

待っていたbowieはアラジンセイン、ash  to ashesの道化、ダイアモンドドッグス、どれも忘れられない。

鋤田正義の展示では、少し素の顔を見せていたbowie。マニアックな視点だが、腕にサラサラと毛が生えているのが見えて、人間味を感じなぜかすごく安心した。

 

ただ、bowieが新鮮だった時代に生きてきたわけでもなく、私にとってそんな特別な存在ではないはずだ。なぜ私はbowieにこんなに影響を受けているのか。私にとってbowieは何なんだろう。

そんなことばかり考えていた回顧展をめぐる旅だった。

 

ただ一つ、私に影響を与えた人がとても好きだったということはある。

私がこんなにもbowieに魅力を感じてしまうのは、それのせいなのだろうか。

そんなこと考えてもしょうがないのだけど、

なぜだか瞳の奥まで知りたくなるような、どこまでも探究心が駆られる魅力を

bowieが放っているということだろうか。

 

その時その時に、何を考えていて、何を求めて、音楽をやっていたのか

そういうことを私は知りたい。

知っても何にもならないのは承知だ。

逆に知れば知るほど、胸は高まるが寂しい気持ちに襲われる。

本当に、本当に不思議である。恋みたいなものかな。

 

こんなことを書いている自分も少し、狂気的だが。

面白いのでしばらくは思うまま、にしたいと思う。

 

 

 

広告を非表示にする

目を引くことに価値がある

普段仕事でもコピーを書く機会があるので

ちゃんと学びたいと思って、宣伝会議主催のコピーライト講座なるものに行ってみた。

 

内容は、

博報堂のCMプランナーのもと、

CMの元ネタや、思考法などをワークショップも交え紹介するものだった。

そこで制作物としてされたCMが「枚方パーク」のCM。

この発想はバンクシーのディズマランドやマイケルジャクソンのネバーランドを元にしたという。CMから受け取る内容は全く違うものにはなっているが、夢の国などと謳うテーマパークの一種の不気味な感じを、あえて押し出し、ちょっとおかしな園長がいるという設定は面白い。

他にも、冒頭の園長が現れる少し寂しい感じは、映画「ミスター・ロンリー」のシーン

を、オマキャノンを発砲するシーンは映画「ソナチネ」を参考にしていたりと、日々のインプットの質を感じさせた。(けど、作るものはコントかい!みたいに思ったりもするのだけど、背景にある世界観があるからこそ、より独特な面白みが生まれるのかと)

 

f:id:mkkhrch1029:20170128232725p:plainf:id:mkkhrch1029:20170128224855p:plain

 

また、

「目を引くことに価値がある」

「人を好きになる、尊敬することで情報の質は良くなる」

というのには共感でき、少し励みになる講義であった。

 

でも結局コピーライト力に関しては

普段から意識して言葉、文章を見てインプットして、考える癖をつけるしかないかなと。

 

 

広告を非表示にする

「書物と活字と」

クリエイティブネットワークセンター大阪という施設で開催された「書物と活字と」という展覧会の講演会に行ってきた。

 

今田欣一さんというタイプフェイスデザイナーをメインゲストとしたお話。

講演の内容は夏目漱石漢詩や土岐哀果という(ローマ字を世に広めようとした人らしい)など、普段触れないような古い書物の筆記の検証などをしながらの解説があり、面白く、興味の幅が広がる内容だった。

 

また、20代の頃作ったと言われるボカッシィという書体の話が印象的。

 

f:id:mkkhrch1029:20170121232206p:plain

http://www.net-dtp.com/best%20syotai09.html

 

万線スクリーンという印刷手法をもとにしたフォントだという。

万線スクリーンは、密に並んだ平行線で構成されたスクリーンのことで、線の太さを画像の濃淡に応じて変化させ階調表現方式だ。

本で見た記憶だが、このような表現は80年代頃のデザインで、よく見たことがある。

当時の流行の表現手法であったのだろうか。

しかし当時からしたら、前衛的なことをやっていたのでは!?と思わせるが

20代の頃の話ですけどね、とはにかむ今田氏はとても謙虚で、フォントに対しての素直な興味が尽きない様子がとても好印象であった。

 

私が体験した流行フォントは、10年前くらい(2006年くらい?)丸ミンだろうか。

駅構内のポスターはだいたい丸ミンで構成されていて、明朝に丸を組み合わせて、明朝系の品格を保ちながら、明るいポップな印象も感じさせることができるのは大した発見だなと思っていた。

f:id:mkkhrch1029:20170122001228p:plain

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%87%E5%AD%97%E6%9C%AC-%E7%89%87%E5%B2%A1-%E6%9C%97/dp/4416606079/ref=cm_lmf_img_11

 

5、6年前の話だが、この本でも、丸ミンの発見について書いてあった。確か面白かったはず。

 

あとは、最近ではすずむしが流行っているように思える。ただ、これの使い方に対しては世に出てる広告表現で上手に使ったなと思わせるものは少ない。新しく出たフォントだから使いたい気持ちが分かるが、何でもかんでも使ったら言いわけじゃないぞ。と申したい。

 

フォントの著作権問題で、裁判沙汰になった話もあったり、

その時代、現場で制作してきた人にしかできない話も聞けて大変充実した。

 

デザイン、文字の世界はまだまだ知らぬことだらけ、無知であることを恥じつつ奥が深い世界だなと興味が尽きない。

文字を使いデザインをする身として、もっと勉強を積み重ねばと思ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

堀内です。

2017年になりましたので

日々の見聞を咀嚼するためにレポートを残していこうかと思い立って、始めます。

 

広告を非表示にする